目黒区保活記録2017【認可・認証・認可外の見学・申込・評判等】

目黒区で保活した経験ブログ。目黒区認可保育園の申込、認証保育園・認可外保育園の申込・見学方法を園別に詳しく解説しています。赤裸々なクチコミ・ママの間の評判も書いてます。

【目黒区認証・認可外保育園への申込】見学や申込のコツは?経験して思ったこと。その①

以前の記事でも書きましたが、保活で一番ツライのは認証・認可外保育園の申し込みまでの過程です。園によって方法が違うし、何より見学の予約すら取れない。焦りだけが募る日々を過ごしました。
meguroku-hokatu.hatenablog.com

保活中は手探りで失敗を繰り返しながらという感じでしたが、後になってこういう風にすすめればよかったなと思った点を書いてみます。

まずは見学・説明会の予約をホームページで毎日チェック

f:id:meguroku_hokatu:20170817141203p:plain
見学・説明会を毎月とかではなく、秋ぐらいに大人数でまとめて行う園もあります。
また、月に何回か少人数で見学会を行うところもあります。
見学についてのお知らせはだいたいの園がホームページで行っているので、いつから予約開始!かも載っています。

この予約ですが、ほぼ先着順で予約開始から1~2日で埋まってしまうので、できれば毎日チェックして更新されていないか確認しましょう。

RSSリーダーアプリを使って常に更新情報をチェックしておくのもいいかもしれません。
RSS Reader】

【gReader | Feedly 】オススメ!


ホームページに何の情報・更新もない園については電話してみるとよいと思いますが、それについては次の章で注意点を書きます。

とにかく片っ端から電話をかけない。

f:id:meguroku_hokatu:20170817135550p:plain

「認証・認可外保育園のリストを片っ端から電話をかけて空きがないか確認しましょう」と聞きますが、これはおススメできません。(目黒区保育課窓口ではこれをやれと言ってくる人もいますが・・・)

見学~申込~選考は園によってマチマチです。
保育料もマチマチです。
園の特色や方針もマチマチです。

そして園によっては「そんなことも知らないの?」みたいな感じで返されることもあるので、ホームページなどで調べられることはなるべく調べてから電話したり見学したりすることをおすすめします。(メンタルの強い人ならいいですが、ツライ保活中にそういう風にいわれるとグサッときますよね・・・)

そのため、まずはリストに載っている園を

1.ネットで調べる
2.ママ友などに聞いてみる
3.できれば現地へ行って外から見てみる。(せめてストリートビューでみてみる)

などの情報収集を先にしたほうがよいです。

そこで、
1.払えないような高額な保育料だった。
2.英語教育の保育園で日常会話が英語でも抵抗ない?
3.モンテッソーリ教育などの独特な教育を取り入れているところでも抵抗ない?
4.経営者の個性が強そう・・・。
5.見た感じに抵抗がある。古い。暗い。衛生的に大丈夫そうなところか?
6.前の道が交通量が多い、セキュリティーがしっかりしてなさそうなど安全面に不安はないか?
7.部屋の狭さに抵抗はないか?
8.考えてみたよりもいってみたら距離があって毎日通えるか?

など懸念点があるところは後回しにするか、妥協できそうな懸念であればまずは見学できないかを聞いてみましょう。

見学できるか聞いたうえで、「ちなみに〇歳児のウェイティング状況はどのくらいですか?」とちょっとだけ聞くのはよいと思います。

見学は思ったより体力・精神力がいるので、入りたい園優先で見学していきましょう!

見学できても、申し込みできるかどうかもわかりません。
見学/申し込みは別で4月入園しか受け付けていないところもあります。
それも見学申込の電話で一緒に聞けたらよいと思います。

ただ単刀直入に「〇歳児空きはありますか?」と聞くのは、忙しい園にとっては印象が悪くなる要素でしかないと思います。
そして困っていることを訴えても、やはり困っている人はゴマンといて、日々そんな電話を受けている園をただ困らせるばかりです。
また万一空きがあったとしても、申し込んでから懸念点が発生し、やっぱりやめようとなるのも園にも自分たちにもダメージしか与えません。

ですので、自分たちにあう園か条件をしっかり下調べした上で、丁寧に謙虚に電話するのがよいと思います。

そして次は、見学についてです。その②へ続きます。
meguroku-hokatu.hatenablog.com


にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村


人気ブログランキング