目黒区保活記録2017【認可・認証・認可外の見学・申込・評判等】

目黒区で保活した経験ブログ。目黒区認可保育園の申込、認証保育園・認可外保育園の申込・見学方法を園別に詳しく解説しています。赤裸々なクチコミ・ママの間の評判も書いてます。

「目黒区がマンションに保育所設置協議を義務づけへ」に関して考えてみた

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170727/k10011076091000.htmlwww3.nhk.or.jp

目黒区は土地が高いから保育園作るの難しい。
目黒区は土地が高くて足りないから、高層マンション作る。
=ますます保育園が足りなくなる問題

となっていたので、マンションに保育所設置協議を義務付けの姿勢はよいことだと思います。
ついに待機率都内ワースト1位の目黒区が保育園問題にとうとう本腰をいれてくれたか!?と思いつつもこのニュース、いろいろと考えなくはならないことがあると思います。

f:id:meguroku_hokatu:20170731145401p:plain

設置強制ではない

対象は40平方メートル以上の床面積の住居が50戸以上あるマンションなどで、保育所を設置する強制力はありませんが、協議の中で事業者に待機児童解消への協力を求めることにしています。

出典:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170727/k10011076091000.html

とあるように、区は条例で強制することはできません。
マンション作るときに保育園設置をどうするかを協議することを義務付けているだけです。

今までも条例とまではいかずとも、戸数の多いマンションにはできるだけ保育園を作ることをでお願いはしていたはずです。
それが進まなかったっていうことは、やはり業者側に作る気がないか予算上作れないかなのではないのでしょうか?

そこを必ず協議するようにしただけで果たして増えるものなのでしょうか?

そして認可保育園作っても保育士が足りない足りない言っているのに、マンションごとに保育士を確保できるのでしょうか?

もしマンション側が超好待遇で保育士を迎えたら、ますます認可保育園の保育士足りなくなるんじゃない?

そのあたり考えているのかなあ・・・。

マンション保育園は認可外保育園?そしたら認可外ポイントは?

認可保育園の待機待ちで、認証・認可外・小規模保育・保育ママ・ベビーシッター等に預けていると+2点がつけられる、そして目黒区はこの+2点がないとフルタイム共働きでも認可保育園に入ることが難しいということは以前に書きました。

そこで気になるのが、このマンションに設置を義務付けた保育園は当然「認可外保育園」扱いになると思うのですが、このマンション認可外保育園にも平等に+2点を付けた場合を考えます。

恐らくこの保育園は、マンションの住民が優先して入れるということになるでしょう。
ですが、余計な費用を抑えたいマンション業者がマンションの一室などを利用してつくる保育園ですから、きっと園庭はないし狭いものとなるでしょう。

そうした場合、この保育園に預けた子(0歳~1歳児とする)の親は、
「まだ小さいからここでよいけど、活発に遊べるようになったらここじゃ可哀そう・・・いずれは広い保育園に預けたい」
と思うでしょう。

そしたら、結局ここに預けつつ認可保育園に申し込むよね。。。
つまり、マンションに小さい保育園作っても42点で待機する子が増えるだけなんじゃない!?

と思うわけです。

目黒区はそこまで計算してマンション業者に保育園づくりお願いしてるのでしょうか?

以前保育課の窓口で
「小規模保育園増やしているけど、3歳以降の受け入れ先を考えているのでしょうか?」
と聞いたところ、
「それは・・・これから考える・・・土地もないですし・・・」
としどろもどろでいわれました。

きっと考えてないよね。コレ・・・。

もし認可外保育園にするにしても、マンション住民が優先的に入れる保育園と平等ポイントだと何のツテもない目黒区原住民はますます入りづらくなるはず。

打開策を考えた

しかし、文句ばかりを言っていてもしょうがないので、わずかな可能性でも作ってもらえるならありがたいかもしれない。いや作るスペースがあるだけでもありがたいのかもしれない。

保育士問題

これはどうしようもない。区が区内の保育園勤務を条件に少額の養成講座なり、資格取得に助成金など出して保育士育成するしかない。

認可外ポイント問題

他の区のように、
・居住年数ポイントを設ける。
・認証・認可外ごとに細かくポイントを分ける。

⇒本当に困っている人ほどポイントが高くなるようにする。
認可保育園を第10希望まで書いていることを条件にして、例えばベビーシッターや高い認可外保育園へ預けている人>会社の託児所やマンションの保育所など優先的に預けられる認可外※保育料によってわける。安ければ下へ>3歳まで預けれられる認証>小規模保育園>5歳まで預けられる認証保育園のようにランク分けする。

にすれば不平等感が少しは防げるのではないのでしょうか?

場所問題

目黒区はますます保育園に入れない⇒ファミリー層やこれから子供を考えている夫婦は目黒区にマンションを買うのやめようと考える⇒ファミリー層の広い部屋売れない。
そうしたら、マンション業者もやっぱりマンション内の保育所の設置はあった方がウリとしてあった方がよいと考えるかも。

しかし、それで仕方なく作った質の悪い保育園ができてもなんだかなぁと思う。

区と共同で保育園を作るわけにはいかないのだろうか?
保育など現場運営は共同で半分区の小規模扱いで半分マンション認可外扱いとか・・・。

それかマンション業者が保育所の設置を費用面で渋るのであれば、マンション設置許可の代わりにマンションの一部を認可保育園の設置場所として安く提供してもらうという交渉は難しいのかな?

いずれにしてもその場しのぎでなく、将来を見越して設置ししていくことが、税金の無駄遣いにもならないので、よく考えて行動してほしいなあと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村


人気ブログランキング