目黒区保活記録2017【認可・認証・認可外の見学・申込・評判等】

目黒区で保活した経験ブログ。目黒区認可保育園の申込、認証保育園・認可外保育園の申込・見学方法を園別に詳しく解説しています。赤裸々なクチコミ・ママの間の評判も書いてます。

アソシエ柿の木坂ママン保育園【見学・申込の感想】

アソシエ柿の木坂ママン保育園は都立大学駅から徒歩5分くらいのところにある認証保育園です。0歳児から3歳児クラスまであります。小規模な認証保育園だと2歳児クラスまでですが、ここは3歳児クラスまでOKの珍しい保育園です。

www.associe-international.co.jp

目黒区の認可保育園・アソシエ柿の木坂保育園とアソシエ柿の木坂マミー保育園も経営されているところです。
f:id:meguroku_hokatu:20170702232616j:plain

定員・開園時間

全部で32名。
0歳児…8名 
1歳児…8名
2歳児…8名
3歳児…8名

開園時間:月曜日~土曜日 7:30~20:30(日曜日、祝日、年末年始は休)

特色

アソシエ柿の木坂ママン保育園を経営しているアソシエインターナショナル株式会社は、幼児教育に力をいれていて、雑誌でも取り上げられるくらい有名です。英語やリトミック、アートなどを積極的に取り入れています。
在園児でなくても参加できる工作・リトミックや給食試食会などのイベントも開催しています。

パパ・ママ両方が育児参加することを呼びかけていて、パパだけの絵本読み聞かせ会なども開いています。

以前は、すぐ近くのアソシエ柿の木坂マミー保育園も認証保育園で、ママンの子は卒業したら空きがあれば優先的にマミーに入れましたが、2年前認可保育園になってしまいました。

建物はマンションの1階のワンフロアですが、年齢別にしっかり区切られています。
セキュリティーもしっかりしています。

見学・申し込み

見学は随時行っているので、直接園へ電話で申し込みます。
申込と見学は全く別で見学必須というわけではないです。(見学したかどうか裏でチェックはしてるかもだけど)

次の年の4月入園0歳児の申し込みを毎年1月くらいに受け付けています。
①1月中の指定日に申込書配布の日があり、その時に必ず取りに行く
②1月中の後日のこれまた指定日に提出する日があり、その時に必ず出しに行く。
③内定者には電話連絡?昨年は認可発表後くらいに連絡があるとかいてありました。

日程はホームページのお知らせ欄にアップされるか保育園前の掲示板に貼り出されます。

1歳以上は認可保育園への転園で空きがでれば募集がかかります。
これも、認可発表後にホームページか保育園前に募集要項が貼りだされるのでチェックです。

基本的にキャンセル待ち制度ではなく、空きが出たらその都度募集して選考されます。

4月の終わりから5月ごろも、よく若干名募集がでているので、入りたい人はホームページなどをいつもチェックしておくのをオススメします。

感想 ※あくまで個人の感想です。

とても教育に力をいれていて、数年前にアソシエ柿の木坂マミー保育園が雑誌にも入りたい保育園ランキング1位か2位だかに選ばれており、評判がよく、ここに是非通わせたいというママが多いようです。
事実、とてもよくしてもらった・感じがよかったという卒園児のママの声も多く、地域の人が参加できるイベントも度々開催し、地域の目も意識している。・・・すばらしいと思います。

おかあさんは、まいにち大変。お仕事をしていたら、なおさらです。
私たちアソシエは、これまで子育てと仕事の両立をしようと
一生懸命なおかあさんの力になりたい。
働くお母さんの味方でありたいと、ずっと考えてきました。

出典:アソシエのある街 | アソシエインターナショナル

・・・すばらしいです!働くおかあさんの気持ちをよくわかってくれてます!



・・・・なんですが、ここの入園基準は、

保育園から近くて、祖父母や親戚など両親以外ですぐ迎えに来れる人がいる家

が優先のようです。。。

どこにも書いてないし、決してはっきりとはいわないのですが、まず面接で親以外で迎えに来れる人がいるかどうかを聞かれます。

そして在園児・卒園児の多くが、おじいちゃん・おばあちゃんが近くに住んでる子でした。

また、うちの近くの自由が丘近辺で面接を受けた子はみんな「ちょっと遠くありませんか?」と言われました。
自転車で10分もかからない平町の子も言われたと聞いたので、一体どこからが「近い」んじゃ~と思ってたら、中根や八雲・柿の木坂の子が多かった。確かに近いですね。。。

(近くに助けてくれる親戚いなくて、保育園の送迎も遠い)おかあさんは、まいにち大変。お仕事をしていたら、なおさらです。

また、マミーが認可になる前は、マミーとママン合同で説明会がありました。
その説明会の申し込みは、ホームページ上である日ふっと出てその日中にいっぱいになったらしく、締め切っていました。でも、「説明会にいかなくても後日申込書の配布があり、申し込めますよ」みたいに書いてありました。

「見学も既に行っていたし、いかなくても申し込めるなら説明会の意義って何?」って思ったけど結局行きました。100人近くの人がいたと思います。たった1日の申し込み期間でこんなにも見てた人がいたんだーと驚いていました。
説明会は、力をいれているアクティビティのことなどいかに素晴らしいかを熱心に説明されていました。

で、そのあと、申込書を指定日にだして、個別面接でした。
先述の「迎えに来れる親族がいるのか」「遠くないですか?」など、張り詰めた空気の中、いろいろ聞かれる圧迫面接のようでした。

しかし、もっと怖いのはその後知った事実。
たくさんの人をこんなに細かく面接するなんて大変だなあと思っていたら、この面接、どうやら説明会に参加した人しか進めなかったらしい。。。
ええ~!?それなら、説明会受けなくても申し込めます・・・、とかいうべきでないんでないかい?

申込書も超細かくて、志望動機やら保育園に望むことなど、就活のエントリーシート以上の申込書で、親と子の写真もはらなくてはいけませんでした。書くのに1時間以上かかりました。
説明会にいけなかった人も含めたら、申し込んだ人200人くらいはいるだろうに、ここまで多くの人にここまで書かせてばっさばっさと落とすなんてちょっとひどくない?忙しい働くお母さんの味方でありたいんじゃなかったの?

そして、さらにママ友に聞いたさらにさらに怖い話。
説明会の日程は、「近々ホームページのお知らせにアップします。(いつアップがは教えません)」と電話等で尋ねた時にはいっていたらしいですが、

例の1位か2位だかにランク付けされた雑誌には「〇月〇日に説明会の申し込みをホームページで受け付けます。」と書いてあったらしい。

そして、その数週間前に、「雑誌に載りました!」というお知らせがホームページにアップされてました。
要は、

①この保育園入りたい!ホームページをチェック!
②雑誌に載ったの?スゴイ!ますます入りたくなっちゃた!買わなきゃ!
③雑誌に説明会の申し込みのことが書いてある!申し込もう!

が正解だったんですね。

就活か!企業研究を熱心にした学生をとる就活か!

ちなみにうちはやはり面接で落ちました。あんなに時間使ったのに・・・。

落ちると
「今回はご縁がありませんでした。なお選考に関しては答えられないので電話しないでください」
というようなピシャリシャットダウンな内容の定型文がきます。

こんなの万単位の新卒を落とす大手企業就活でもここまで冷たい言葉遣いしないよ。みたいな文章で、保活で疲れ切った心には非常にズドンと来て、涙が出てきました。

見学した際、暖かくてとてもよさそうな先生たちだったので、運営会社の人々とのギャップが余計つらかったです。
もう下の子のときは、トラウマで申し込む気力すらなくて、アソシエの認可もママンも申し込みませんでした・・・。

先生たちの評判は良く、マミーの園長先生は「経験豊富でよくみてくれる」という話をよく聞きました。(現在は認可のアソシエ柿の木坂保育園の園長らしい)
それで、アソシエ柿の木坂保育園へ入るために0歳からココだけ単願で認可外で待機している人が結構いるらしい。。。スゴイ・・・。


でも恨み節になるけど、運営がアレな気がしてなりません・・・
この元社員のクチコミみてもどうかと
syukatsu-kaigi.jp

にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村


人気ブログランキング