目黒区保活記録2017【認可・認証・認可外の見学・申込・評判等】

目黒区で保活した経験ブログ。目黒区認可保育園の申込、認証保育園・認可外保育園の申込・見学方法を園別に詳しく解説しています。赤裸々なクチコミ・ママの間の評判も書いてます。

認証・認可外保育園への申し込みへの道のり

f:id:meguroku_hokatu:20170714122148p:plain

さて、目黒区の認可保育園は、特に一人目はいつであろうと入るのが難しい。

となると、まずは認証・認可外へ入ろうと思います。

認証保育園は東京都保健局の基準をクリアしているもので、補助金がでているので認可ほどではないが比較的安い(月6~7万で預けられる)保育園。

認可外保育園はいわゆる無認可といわれるものでどこからも補助金は出ておらず、部屋の広さ・保育内容・質もその保育園によるというもの。

私も一人目を保育園に入れる前は、
多少高くてもしっかり見ていただけるなら、むしろずっと認証・認可外でもいいかな・・・。
ママ友たちと競り合ってまで無理して認可を勝ち取る必要なんてないかな・・・。

と思ってました。

ですが・・・、その考えは甘いものだとすぐに気づきました。

認証・認可外保育園へ入園の誤算

認証・認可外も超激戦!

いくらお金をつんだとしても確実に入れるところはありませんでした。
というか目黒区に住んで共働きの人はたいていみんなお金持ちなので、以前はお金さえあれば入れたというところも激戦でキャンセル待ちの嵐です。

認証・認可外は私立保育園なので質・内容が千差万別すぎる

目黒区は地価が高いこともあり、認証・認可外の保育料は高く、区内の認可外はどこも10万以上します。だが高いからと言って必ずしもちゃんとしているわけでもありません。設備や部屋は立派であることを謳っていてもオーナーがとんでもない人格だったり、保育士さんもしっかりしていなかったりするところもあります。一方で、部屋は激狭だけど保育士さんが素晴らしい人が揃っているところもあり、ホームページや下調べだけではわからないギャップもたくさんありました。
また、認可以上に保育士さんもベテラン揃いのところもあれば、子どもをもったことがないような若い人だけでやっているところもあるなど園によって全然違います。
見学しただけでも、先生たちが仲良く和気あいあいと楽しそうにやっていていいなあと感じるところもあれば、先生が疲れきっていてギスギスした雰囲気で、仲悪いのかな?と感じるところもありました。

このことから、認可外でもずっと預けてもよいなあと思えるところに入れればいいのですが、居心地が悪いと思うところに入ってしまった場合も考えて、早めに認可に移る選択肢も考えておいた方がよいなと思いました。

申し込み方法・選定基準が園によってバラバラ

見学して申し込むところや見学と申し込みは全く別で申し込みはある期間に一斉に受け付けるというところもあるなど、園によって違います。
また、入園できる基準も純粋に申し込み順であったり、園側が都合の良い人を選ぶところなどこれもバラバラです。

やっておけばよかったなあと思うこと

とにかく早めに見学や問い合わせをしておけばというのはあります。
中には妊娠中から順番待ちができる園もありました。

上の子は早生まれのため1歳4月で認証に入れたのですが、それでもギリギリまできまらず大変だったので、0歳4月にダメ元で(すぐに復帰するつもりなくても)申し込んでおけばよかったなあと思いました。
何故かというと、0歳4月で申し込んでいた人は1歳4月で空いた際に優先的に声をかけられることもあるからです。だいたいの認証・認可外は園にとって都合のよい子をとることが多く、同じ学年だと比較的手のかからない月齢が早い子をとるので、早生まれは0歳4月でまず選ばれません。そして1歳までにキャンセル待ちが回ってくることはほぼありません。ですが、1歳4月になるとそれまで入っていた人が認可に移った認証・認可外の空き枠を、1歳4月から育休復帰で預けようとしていた人同士で争うことになるので、以前より早く入りたいです!と言っていた人の方が園も優先してくれるということもあるのです。

また、申込書に紹介者を書く欄があるところが何園かあったので、以前に兄弟などがその園にいたことのあるママとの繋がりを作っておければよかったのかなあと思います。その園の関係者と繋がりができれば一番いいんですけどね。
でもまあそのために友達をたくさん作るていうのも空しいものがあるので、なかなか難しいと思いますが、仕事だけでなく社会ってつくづく人とのつながりが大切なんだなあと身に沁みました。

目黒区の認証保育園の中には、0歳で入る子が在園児の兄弟でいっぱいになってしまうんです・・・といって新規の受付を断るところもあるそうで、やっぱりコネクションは重要だなあと思いました。

現に上の子が通っていた認証保育園は、少人数で応募者多数だったにもかかわらず、兄・姉が卒業生という子が結構いましたし。

「この園がよくてどうしてもここに入りたいんです!」という熱意が大切といって電話を度々かけて覚えてもらうという手法もよく聞きますが、私が目黒区近辺の保育園で保活・保育園生活をした限りでは、効果ないと思います。
毎日見学や問い合わせの電話だけでも対応が大変そうなので、むしろうざがられるんではないかなあという印象でした。(ブラックリスト入り(^_^;)?)
感じの良い園も多いですが、たまに空き状況の問い合わせしただけでも、すごく冷たい対応された園もあるので、目黒区近辺に限っては控え目なほうが好印象?な気がします。

にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村


人気ブログランキング