目黒区保活記録2017【認可・認証・認可外の見学・申込・評判等】

目黒区で保活した経験ブログ。目黒区認可保育園の申込、認証保育園・認可外保育園の申込・見学方法を園別に詳しく解説しています。赤裸々なクチコミ・ママの間の評判も書いてます。

目黒区認可保育園申し込みの基本

f:id:meguroku_hokatu:20170604173930j:plain

目黒区は、4月~1月まで毎月空きがあれば選考が行われます。
しかし、4月以外は、認可外に既に入っていないとほぼ絶望的です。

スケジュールは、
前月10日前後に締め切り→前月20日前後に発表
が基本ですが、4月入園のみ
前年12月上旬に締め切り→2月中旬に発表になります。

選考は基本点数(就労時間や介護・病気など預けなくてはならない要因点数)+加点要素点数の多い順で、希望している保育園の中で空きがあれば入れます。

特に第1希望で書いた人が優先されるなどはなく、希望順位関係なく、空きがある保育園を希望する人の中で点数が高い人が優先です。
希望は第10希望まで書けます。

1.就労点数について

会社員で1日7時間以上週5日で働いて20点×それが夫婦二人とも=40点
まずこのポイントがないと0~3歳児はほぼ入れません!!

7時間未満になるとどんどんこの基本点数が減っていきます。

だから7時間未満や週5日勤務でないパートの人になどには目黒区の認可保育園は狭き門・・・。
パートだと給料少ないから、とんでもなく高い目黒区内・近辺の認可外は無理⇒働けない・・・となります。

でも元々7時間以上勤務の正社員の人が、認可に入れた後に会社の時短勤務制度を使って、7時間未満で働くのは問題ないんです。なんか不公平なような・・・。

生まれてからフルタイムの仕事を見つけて就職する場合も、就労実績が1か月ないという減点で-1点されます。この場合は認可外などに預けて1か月以上働けば20点になるので、次の年の4月には希望がもてるかも。

そして、目黒区は自営業の人にも厳しいです。
職場が自宅と一緒であれば、居宅内就労とみなされ、1日7時間以上週5日でも19点になります。

隣の大田区や世田谷区は居宅内外でポイントは同じのようなので、
フリーランスの在宅の人は引っ越せるなら引っ越した方がいいと思います。


就労以外にも介護や病気でもポイントがありますが、
就労よりは点数が低く、しかも合算されることはありません。
例えば、就労しながら介護しててもどちらか点数が高い方のポイントのみになります。
(ただし、家族に障害があって就労が制限されている場合、+2点の加点があります。でも就労が制限されているわけだから、7時間未満の就労ポイントしかもらえないのであまり意味がありません。)

2.加点について

シングルマザーや低所得でない限り、40点からさらにプラスされるには、

認可外・地域型保育に預けている・・・+2点

これしかありません。
これは、認可外保育園(認証保育園・無認可保育園)・ベビーシッターか区で申し込む小規模保育所保育ママ・定期利用保育を週3日以上1日4時間以上ずっと継続して預けていると加算されます。(※申し込みの時点で1か月以上預けていることも条件です)

そして、この認可外ポイントを持っている人の中での優先順位は、認可外受託認定日(認可外の保育園等に預けて仕事に復帰した日)が早い順になります。※預けていても仕事に復帰していないと点数になりません。


また兄弟がいる(既にどちらかの子を認可に預けているor兄弟同時申し込み)というのは、目黒区ではポイントにならず、同じ点数の中で優先されるという扱いになります。
なので、同じ認可外ポイントありの42点の人たちの中での優先順位は、

兄弟がいる復帰一番早い人⇒兄弟がいる復帰一番遅い人⇒兄弟がいない復帰一番早い人⇒兄弟がいない復帰一番遅い人

になります。
待っている間に自分より復帰が遅かった人に下の子が生まれて、順番抜かれるなんてこともザラです・・・。

兄弟揃え+2点

ちなみに兄弟が別々の認可保育園(小規模・家庭福祉員含む)に既に通っている場合、兄弟揃え+2点というものが存在します。
別々の就学前まで預けられる認可園に預けていたら、認可外・地域型ポイント+2点はつかないのですが、小規模か家庭福祉員預けていればつきます。

例えば、
兄・・・A保育園(就学前まで通える園)
弟・・・B保育園(就学前まで通える園)

で、弟もA保育園に転園させたいなあだと
40点+兄弟揃え2点で42点になり、認可外で待っている人と同等になりますが、


兄・・・A保育園(就学前まで通える園)
弟・・・C保育園(小規模保育園)

だと
40点+兄弟揃え2点+認可外・地域型ポイント2点で44点になり、有利になります。(但しA保育園の申し込みに関してだけです。)

点数の分布をみると43点以上の人がちらほらいますが、ほとんどこれじゃないかと思われます。
なんで高いお金を出して認可外に預けている人より、地域型で認可と変わらない料金の人が有利になるのかは??ですが、
どうしても兄弟一緒がよい人は、下の子が上の子の保育園に入るのが難しそうであればあえて一旦小規模に預けた方がよいかもしれませんね。

3.加点がないとダメなのか・・・?

0歳なら希望はあります。小規模保育や保育ママなどであれば通ることも。
また、兄弟がいる人は0歳4月ならよっぽど選ばなければどこかしら入れているようです。

ただ、年々0歳4月の時点で42点持っている人が増えているのです・・・。
中には既に区管轄の小規模保育に入園していて42点の人も・・・。

平成29年4月入所利用一時調整

↑これみると、0歳4月で既に120人が42点持ってる(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル。。。そして43点以上も13人おる・・・


目黒区内認可外保育園も激戦な上に、最近は何園か閉園しているのに一体どこに預けているのだろうか?
もし会社に託児施設ある人?でもそういう人が有利になっちゃうってどうなの!?
預けるあてがあるならいいじゃない!
預けるあてが全くない人の方が切迫しているんじゃないの?
・・・となんだかモヤモヤとした思いでいっぱいになります。

もうこんなこと考えさせない世の中になってほしいですね。

1歳4月以降は、兄弟がいようが40点だけだとほぼ絶望的です
3歳でも2017年4月は待機児童が発生しており、小規模保育園(2歳児まで)にいて別の認可外にうつったという話も聞きました。
4歳なら空きはあるけど、その時点で入れてなければ、既にずっと認可外に骨をうずめる覚悟をしているか幼稚園にいかせて仕事を短時間にするかやめるなりしてしまいますよね。ひどい話だな~!

にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村


人気ブログランキング